優しい女性だからこその部下を叱れない悩み

優しい女性だからこその悩みとして、仕事で後輩や部下に強く言えないという問題があります。職場でベテランの立場になってくると、新人や部下にいろいろと指導しなくてはならないことも増えてきます。
しかし、性格が優し過ぎると注意すべきときも目をつむり、流してしまいがちです。ときには厳しく言わなければならない場面もありますし、先輩や上司としての威厳も必要です。優しい女性が部下を怒ることをためらってしまうと、部下の成長につながらないケースもあります。責任は感じるものの、心を鬼にして厳しく接することが優しい女性は苦手なのです。
会社からは、もっとしっかり指導するようにと言われることもあるでしょう。その度に「わかりました」と答えるものの、部下を目の前にすると優しい態度が出てしまいます。そして、厳しく言えない自分を責める繰り返しです。叱れないという悩みを解決するためには、叱るのではなく残念な自分の気持ちを伝えることを心がけをしましょう。「遅刻するな」ではなく、「あなたがいつも遅刻するのは、私は残念です」と嘆くのです。それによって、どんな影響や迷惑が生じるかを冷静に話します。さらに、遅刻しないための方法を一緒に考えてみましょう。この方法であれば、怒らなくとも部下を指導できます。優しい女性だからこそ、言葉を選びながら上手に諭すことができるはずです。叱れないことを悩むのではなく、叱らずに部下を正す方法を取り入れていくことが大切です。